個別指導のクラリティ

ゲストカウント

お電話でのお問い合わせ 098-864-0635
お申込み お問合せ
メニュー
個別指導のクラリティBlog

2016.05.20

「テスト対策」

皆さんこんにちは。
今日は『個別指導のクラリティ』から與那嶺がブログをお届けします。
いや~、家庭教師会からクラリティへ変更するにあたり、人生で一番忙しかった期間でした(汗)でも、5月に入りようやく落ち着き、ホッと一息つけています(*´ỏ`*)

さて、生徒のみなさんは、4月にスタートした新しいクラスでワクワクソワソワ、
更に5月はGWで日々エンジョイしまくったことと思います。

でも・・・

こんなイベント(?)が迫っています。

はい、どん。

1605001

待ちに待っ・・・てない!?今学年最初のテストがあるのです!
GWで緩んだ気持ちを引き締め直してもらうため、教室のあちらこちらにこのテスト日程を貼りましたので、見るところ見るところテスト日程ばかり(笑)
せっかく頑張って塾に来ているんだから結果を出してもらいたいですからね。意識付けのためにやっています♪

そして、こんなものも貼っています。
「学校授業進行表」

1605002

これは、各学校の授業の進度や、テスト範囲の予想などをリアルタイムに書きこめ、自分自身の学習の進度との照らし合わせや、どのような分野・単元があるのかをパッと知ることが出来るものです。全ては「現状把握」から始まりますから。

こちらも意識付けのためにやっています♪♪

クラリティでは、ただ目の前の問題の解き方を教えるのではなく、生徒たちを自立・自走出来るようにすることを目標とし指導にあたっています。

そして現在すでにこのように活気に満ち溢れていますが

1605003

もっと刺激し合える仲間たちが欲しいと思っています。

指導の形態としては、個別指導ではありますが、仕切りはあまり無くオープンスタイルとしていますので、広く明るい印象を持ってもらえると思います。

気になった方は、お気軽にお問い合わせ下さい!
これからもクラリティの紹介をしていきますので、お楽しみに(^O^)

ではでは、今日はこのへんで!


2016.04.02

『個別指導のクラリティ』由来

こんにちは。
ブログを見に来て下さりありがとうございます。
今日は塾名『個別指導のクラリティ』についてお伝えしたいと思います。

今春、前身の家庭教師会からリニューアル開校するにあたり、
通塾する子どもたちには、学習する面白さを知ってもらうこと、解らなかった問題が解ったときの爽快さを体験してもらうこと、そして強固な自信を付けてもらいたいと考えました。

また、子どもたちには純粋で透明な心と、光り輝く未来があります。

そんな
『強固』
『透明』
『光り輝く』
というキーワードから、ダイヤモンドがイメージされ、
『Clarity(クラリティ)』という言葉にたどり着きました。

もしかしたら聞きなれないかも知れない、このクラリティという単語。

これは
「ダイヤモンドの透明度」

「思想や文体などの明解・明晰、音色の清澄、液体の透明さ」
を表します。

そして、個別指導塾であることを分かりやすくするため
『個別指導のクラリティ』
という名称を付けるに至りました。

これが塾名の由来となります。

以下はちょっと余談です。
県内における一般的な勉強方法は、子どもたちが周囲の圧力を受けながら、暗記を中心とした受動的なものとなりがちという現状を抱えています。
しかしこの方法では
「答がなぜそうなるのか」
という考える機会を無くしてしまいます。

今の子どもたちが大人になる頃、
世の中のシステムや価値観が常に変化し、今ある職業もITによりなくなる可能性が高いと言われています。

その時に子どもたちの助けとなるのが、
「なぜ?」
から鍛えた考え抜く力だと私たちは考えています。

特に中学生以上では、知識だけでなく解答の根拠も求められます。
根拠を明確にできれば、他者に説明できるので、コミュニケーション力も鍛えられます。

このような背景から、大学進学率が高まり、生涯学習の必要性が叫ばれ、センター試験も応用力を試すための科目横断型にシフトし、中高一貫校が県内にも設置されました。

勉強はたいへん難しく厳しいと思われていますが、多くの基礎概念をインプットして、それらの共通性を整理し、知識と知識の関連がはっきりと分かった瞬間に
「なんだ、これでいいのか!」
と、すごくスッキリして心地よい気持ちを感じることができます。
この経験があるから、次の課題に挑め、教養力が身につき、自分に自信が持て、幸せな人生に繋がるのではないかと考えます。

私たち個別指導のクラリティ自体も、日々成長を続け、
一人でも多くの子どもたちの成長の手助けをしていきたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
これから宜しくお願いします!


1 18 19